teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:15/81 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

いきなり恐縮ですがヴァイオリンさんを探しているものです

 投稿者:ikeda壮の子機  投稿日:2005年 1月26日(水)23時17分44秒
  通報
  始めまして。ぼくはオリジナルユニットとしてのヴァイオリンを探しているシンガーソングライターのものです。
僕は今アイリッシュ音楽などやポピュラー音楽に通用するヴァイオリン、いわゆるフィドルに完璧に魅せられはじめているこの頃でございます。今度アイリシュパブにフィドラーを見学にいきます!!
僕は今フィドル奏者を一人探しています。
これから僕がフィドラーとやりたいことをおおまかにあげるとすれば、フィドルの魅力でジャンルとか小さくまとまる音楽の常識を切り裂けるような活動をしてみたいのです。それこそアコースてティックからバンドサウンド、エレクトロニカまでなんでもありな独自な音楽を作り出したいと思っております。メインはあくまでも僕とフィドラーなのです。なので組み始めなどは2人だけのアンプラグド活動などが主流になるでしょう。ですがそこから進展次第でバンド系へと向上。ここいらあたりからエレキヴァイオリンを利用しての曲も始め、将来的にはエレクトロニカなどへも範囲を広げるでしょう。それからは今までやったことを生かしトコトン突っ走るのみです。
ソングライター系ユニット向けの希望のフィドラーが僕には必要としています。一緒に曲作ったりもしたいと考えているのです。ヴァイオリン・フィドルは本当に計り知れない音のエネルギーを今ある音楽以上にもっと持っている気がしてならないのです。
それなのに僕の周りではその感性を生かせるフィドラーと出会うことが出来ません(まずフィドル人口が少ないのも事実です・・・)。
このままフィドルの魅力を無駄にしたくはないと思いまして・・・。とにかく僕は今フィドルと独自の音楽することしか頭にありません。
アイリッシュ音楽にこだわらずいろんなジャンルでオリジナル曲をやってみたいフィドラーとかいたら紹介していただけませんか?

http://blog.livedoor.jp/ginziroh/

 
 
》記事一覧表示

新着順:15/81 《前のページ | 次のページ》
/81